それは、親友との出来事から・・・

私が、旧サイト「車屋の私がお客になったら、どう買う?中古車購入法」
を、始めたきっかけを、お話ししたいと思います。

 

それは・・・
私の、中学時代からの親友との出来事がきっかけでした。

 

その出来事の前から、
事故車のごまかし、走行距離のメーター改ざんなど・・・

 

中古車販売をする業界の悪い現況に対して、
私は、非常に違和感を覚えていました。

 

そんな事をせず、お客さんの為になる様に、中古車を売って行かないと、
中古車販売業者は、お客さんの信頼を得ることが無く、
崩壊してしまう・・・と、危惧していたのです。

 

そんな折、私の親友から、
ある、レアな外国車を探して欲しいと、依頼されました。

程度の良い中古車を売ったのに・・・

親友に売るのですから、
なるべく程度の良い中古車を探すべく、

 

私は、オークション以外からのルートにも声をかけ、
結果・・・旧知の超高級輸入車ディーラーに、下取りに入った車両を親友に買ってもらいました。

 

納車の日・・・親友は、とても喜んでくれて今したが、
その後から・・・色々と問題が発生したのです。

 

その問題とは・・・
私から買った車に対して、次から次へと、クレームを言って来るようになったのです。

 

そのクレームは、普通ならクレームにならない様な物で、
言いがかりに近い物でした。

 

そんな、言いがかりを付ける様な彼ではないので、
なぜ、その様な事になったのか?気になっていると・・・

 

私の会社に出入りしている、店舗を持たない車屋(ブローカーの様な人)から、
情報が入ってきました。

クレームを付けていた原因は・・・

その、ブローカーの人が言うには・・・

 

私の親友は、私にだけ、車を探して欲しいと言ったのではなく、
別の、ブローカーにも、車を探して欲しいと依頼していて・・・

 

そのブローカーが、親友が私から車を買ったことを怒って、
私から買った車に対して、ケチを付けていたのです。

 

親友は、ある商売をしていて、
そのブローカーは、彼のお客さんであり、

 

彼の店へ頻繁に出入りしていて、
店へ来るたびに、車を見ては、ケチを付け・・・・

 

親友は、ケチを付けられるたびに不安になり・・・
私に連絡していたというのが、実態だったのです。

ネットでの情報公開をする事に・・・

私は、粘り強く、車に問題が無いことを説明し・・・

 

数ヶ月かかりましたが、親友は、ブローカーより、私を信用してくれました。

 

そして・・・そうなってから、
ブローカーの事を、私から話しました。

 

ブローカーは、
表面上は、親友が欲しい車を見つけた事を、おめでとうと、言っていて、

 

自分が見つけられなかった事を詫び、
祝福している様な態度を見せていたが、

 

よく思い出してみると、不自然な所だらけだった・・・

 

と、親友も、後から言っていました。

 

この時・・・
私は思ったのです。

 

我々、自動車販売をしている者にとっては、今のような話は、すぐに見抜けますが・・・

 

一般の方が、自動車販売をしている人物の
裏の顔など、知りようがありません。

 

我々と比べ、一般の方は、あまりに情報が少なすぎる・・・

 

だから、自動車を買って、失敗する人が後を絶たないのだ・・・と、

 

私の会社に来るお客さんには、伝えてはいるけど、
あまりにも少ない人数にしか伝えられない・・・

 

そこで・・・
インターネットを使って、自動車販売のウラを知ってもらおう・・・
そうすれば、一般の方々が、自動車購入の失敗を減らせるハズだ・・・

 

その様な思いから、ネットでの情報発信をするに至ったわけであります。

トップへ戻る