悪い車屋の手口と、その対策法とは?

昔から・・・

 

走行距離のメーターを改ざんしたり・・・

 

事故車を、事故車ではないと嘘をついて・・・
中古車を売ってしまう・・・

 

そんな、悪い車屋が、中古車業界には少なからず存在しています。

 

「えーっ、最近のデジタルメーターは、改ざん不可能になっているので、
今時、メーター戻しをしている車屋なんて、いるわけ無いじゃん・・・」

 

と、おっしゃる方もいるかと思います。

 

確かに・・・

 

最近では、
オートオークション会場などで、メーター改ざんを防ぐ対応策を
行なっているので、昔よりは、少なくなっている傾向にあります・・・

 

また・・・
自分は、中古車販売店に知り合いがいて・・・

 

事故車かどうか?は、オークションの落札データーを記入した用紙を見せたもらっているので、
大丈夫だよ・・・

 

と、いう人も、いる事でしょう。

 

しかし・・・
私から見ると・・・

 

メーター戻しの中古車を、買ってしまっている人や、
事故車を事故車じゃ無いと言われて、買っている人が、

 

まだまだ、無くなってはいないのが現実です。

いまだにある・・・と言えるその根拠とは?

なぜ、そんな事が言えるのか?・・・
その理由は・・・

 

下取りや、買い取りに、
メータ-戻しや、事故車が、持ち込まれることが有り・・・

 

メーター戻しや、事故車であることを告げると・・・

 

前に、買った車屋にだまされた・・・
と、怒る人を見てきているからです。

 

そんな・・・
悪い車屋の手口に引っ掛からないために・・・

 

悪い車屋の手口を紹介していきます。

トップへ戻る